• HOME
  • 香川店 新着情報−不動産買取のことなら不動産買取ドットコム(不動産査定〜売却)
香川店 不動産買取のことなら不動産買取ドットコム
【住宅ローンが残っているマイホームを売却して譲渡損失が生じたとき】(特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)
(2016-10-09)
[平成27年4月1日現在法令等]

=不動産買取ドットコム=

急な転勤や引っ越しでお困りの方も、是非当店へお問い合わせくださいませ。
期日指定やお引渡し条件などのご相談が可能です。
モチロン、買い取りの場合仲介手数料は頂きません!

マイホーム売却時の特例をご紹介させていただきます。
住宅ローンが残っているご自宅を、住宅ローンの残高を下回る価格で売却した際(譲渡損失)に
所得控除(損益通算)することが出来る特例です。(適用には条件があります)

住宅ローンの残高があるお客様も、スピード査定・高価買取査定の当店へ是非一度ご相談くださいませ。


【住宅ローンが残っているマイホームを売却して譲渡損失が生じたとき】
(特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)

1 特例のあらまし
平成27年12月31日までに住宅ローンのあるマイホームを住宅ローンの残高を下回る価額で売却して損失(譲渡損失)が生じたときは、一定の要件を満たすものに限り、その譲渡損失をその年の給与所得や事業所得など他の所得から控除(損益通算)することができます。さらに損益通算を行っても控除しきれなかった譲渡損失は、譲渡の年の翌年以後3年内に繰り越して控除(繰越控除)することができます。
これらの特例を、特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例といいます。なお、これらの特例は、新たなマイホーム(買換資産)を取得しない場合であっても適用することができます。

2 譲渡損失の損益通算限度額
マイホームの売買契約日の前日における住宅ローンの残高から売却価額を差し引いた残りの金額が、損益通算の限度額となります。

3 特例の適用要件
(1) 自分が住んでいるマイホーム(譲渡資産)を譲渡すること。なお、以前に住んでいたマイホームの場合には、住まなくなった日から3年目の12月31日までに譲渡すること。また、この譲渡には譲渡所得の基因となる不動産等の貸付が含まれ、親族等への譲渡は除かれます。
(注) 住んでいた家屋又は住まなくなった家屋を取り壊した場合は、次の3つの要件全てに当てはまることが必要です。
イ その敷地は、家屋が取り壊された日の属する年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであること。
ロ その敷地の譲渡契約が、家屋を取り壊した日から1年以内に締結され、かつ、住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売ること。
ハ 家屋を取り壊してから譲渡契約を締結した日まで、その敷地を貸駐車場などその他の用に供していないこと。
(2) 譲渡の年の1月1日における所有期間が5年を超えるマイホーム(譲渡資産)で日本国内にあるものの譲渡であること。
(3) 譲渡したマイホームの売買契約日の前日において、そのマイホームに係る償還期間10年以上の住宅ローンの残高があること。
(4) マイホームの譲渡価額が上記(3)の住宅ローンの残高を下回っていること。

4 特例の適用除外
(1) 繰越控除が適用できない場合
合計所得金額が3,000万円を超える年がある場合は、その年のみ適用できません。
(2) 損益通算及び繰越控除の両方が適用できない場合
イ 親子や夫婦など特別の関係がある人に対してマイホームを売却した場合
特別の関係には、このほか生計を一にする親族、家屋を売却した後その売却した家屋で同居する親族、内縁関係にある人、特殊な関係にある法人なども含まれます。
ロ マイホームを売却した年の前年及び前々年に次の特例を適用している場合
(イ) 居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の軽減税率の特例(措法31の3)
(ロ) 居住用財産の譲渡所得の3,000万円の特別控除(措法35)
(ハ) 特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例(措法36の2)
(ニ) 特定の居住用財産を交換した場合の長期譲渡所得の課税の特例(措法36の5)
ハ マイホームを売却した年の前年以前3年以内の年において生じた他のマイホームの譲渡損失の金額について、特定のマイホームの譲渡損失の損益通算の特例を適用している場合
ニ マイホームを売却した年又はその年の前年以前3年内における資産の譲渡について、マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例(措法41の5第1項)の適用を受ける場合又は受けている場合
※この特例と住宅借入金等特別控除制度は併用できます。

5 特例の適用手続
(1) 損益通算の場合
   確定申告書に次の書類を添付する必要があります。
イ 「特定居住用財産の譲渡損失の金額の明細書(確定申告書付表)」
ロ 「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の対象となる金額の計算書(租税特別措置法第41条の5の2用)」
ハ  売却したマイホームに関する次の書類
(イ) 登記事項証明書や売買契約書の写しなどで所有期間が5年を超えることを明らかにするもの
(ロ) 売却した日から2か月を経過した後に交付を受けた除票住民票の写し又は住民票の写し
   この除票住民票の写し又は住民票の写しは、そのマイホームの所在地を管轄する市区町村から交付を受けてください。
(ハ) 「譲渡資産に係る住宅借入金等の残高証明書」(売買契約日の前日のもの)
(2) 繰越控除の場合
   次のことが必要です。
イ 損益通算の適用を受けた年分について、上記(1)の全ての書類の添付がある期限内申告書を提出したこと。
ロ 損益通算の適用を受けた年分の翌年分から繰越控除を適用する年分まで連続して確定申告書(損失申告用)を提出すること。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆全国店舗一覧 http://www.fudousankaitori.com/areastore/ 

■即金買取致します!■
※物件によっては査定や売却・買取のお取り扱いが出来ない場合が御座います。
※買取が出来ない場合には仲介による売却もご相談させて頂きます。


モチロン査定は無料です!
お気軽にカンタン査定依頼をご利用下さい。
★カンタン査定依頼はコチラ↓
https://www.fudousankaitori1.com/as/assessment/index.php?id=kagawa

中国・四国地方の店舗一覧
広島県
★広島店 http://www.hiroshima-fudousan-kaitori.com/ 
 山県郡安芸太田町、安芸高田市、江田島市、豊田郡大崎上島町、大竹市、尾道市、安芸郡海田町、山県郡北広島町、安芸郡熊野町、呉市、安芸郡坂町、庄原市、神石郡神石高原町、世羅郡世羅町、竹原市、廿日市市、東広島市、広島市安芸区、広島市西区、広島市南区、広島市東区、広島市安佐北区、広島市佐伯区、広島市安佐南区、広島市中区、福山市、府中市、安芸郡府中町、三原市、三次市
山口県
★下関店 http://www.shimonoseki-fudousankaitori.com/
 下関市、長門市、美祢市、宇部市、山陽小野田市
徳島県
★徳島店 http://www.tokushima-fudousankaitori.com/
 板野郡藍住町、阿南市、阿波市、名西郡石井町、板野郡板野町、海部郡海陽町、勝浦郡勝浦町、板野郡上板町、勝浦郡上勝町、名西郡神山町、板野郡北島町、小松島市、名東郡佐那河内村、美馬郡つるぎ町、徳島市、那賀郡那賀町、鳴門市、三好郡東みよし町、板野郡松茂町、海部郡美波町、美馬市、三好市、海部郡牟岐町、吉野川市
愛媛県
★松山店 http://matsuyamakaitori.com/
 松山市、東温市、伊予市、伊予郡松前町、伊予郡砥部町



―――――――――――――――――――――――――
高松市・丸亀市近郊の不動産の買取・売却・無料査定は
★不動産買取ドットコム香川店★
株式会社高松アセットビルディング
住所:〒760-0079 香川県高松市松縄町1030番地8
TEL:087-867-8500 
E-mail:higasa@uritai-kaitai.com
http://www.takamatsu-fudousankaitori.com/
―――――――――――――――――――――――――
かんたん無料査定依頼フォームはこちら

土地付建物
土地
マンション
事業用

取扱い不動産

土地・一戸建て・マンション・ビル・アパート・店舗・事業用

査定対応エリア

綾歌郡綾川町、綾歌郡宇多津町、観音寺市、仲多度郡琴平町、坂出市、さぬき市、小豆郡小豆島町、善通寺市、高松市、仲多度郡多度津町、小豆郡土庄町、香川郡直島町、東かがわ市、丸亀市、仲多度郡まんのう町、木田郡三木町、三豊市

「買取り任意売却」で競売回避!
不動産買取.com
携帯サイト版
統計データ
電話番号:087-802-2500
Copyright (C) 2010 fudousankaitori.com All Rights Reserved.